MENU
NEWS
2020年3月22日  | 破集袋機(スーパーエース)
破集袋機(スーパーエース)
PROCESSING OBJECT
処理対象物
紙類プラスチック類瓶類不燃物缶類
FEATURE
特徴
1.圧倒的な破袋率と除袋率を実現
破袋は常に100% 集袋もほとんど100%です。(ごみ質によります)
2.処理量をほぼ一定に保ちます
適量切出しシステムにより後設ラインに適量で切出し処理の脈動を防ぎます。
(破集袋の原理)
 
1.袋体が羽根車によりホッパーから供給されます。
2.袋体がリジスター(抵抗板)の上に乗り、高速走行する刃物にて、前方に押し進められていきます。
3.袋体が破袋キャッチャーをたわませて通過する時、破袋キャッチャー先端が袋体に突き刺さって捕らえ、刃物は進行し、袋が引きちぎられます。
4.さらに破袋の進行した袋体の外皮を脱袋キャッチャーが捕え、内容物と分離します。
5.袋片が刃物にからみついて集袋され、内容物は前方へ排出されます。
3.あらゆる場所に設置可能!


SPECIFICATION
仕様
仕様\機種 SP-2 SP-6 SP-8 SP-10
機巾(m) 1.6 1.8 2.1 2.4
機長(m) 3.75 4.45 4.95 5.25
重量(kg) 約3000 約4300 約6000 約8500
刃物コンベヤ動力 2.2kW 5.5kW 7.5kW 11kW
羽根車動力 0.75kW 1.5kW 2.2kW 3.7kW
公称処理能力 20㎥/h 60㎥/h 80㎥/h 100㎥/h
常用最大処理能力 15㎥/h 50㎥/h 65㎥/h 80㎥/h
用途 資源ごみ袋の破集袋
破袋率 追求95%以上(通常ごみ袋にて)
集袋率 追求90%以上(ごみ質によって若干変動します)
破袋方式 直立刃物高速走行式
集袋方式 刃物による強制集袋
集袋補助 電動機付微風ファン
適量供給装置 供給量の過多検出によるホッパー内羽根車の高速コントロール方式
ホッパーへの投入 コンベヤ投入またはショベルカー
電源 3相交流200V及び400V
オプション 1.本体の架台 2.集袋シュート 3.排袋コンベヤ 4.投入コンベヤ

※処理量は袋の内容物によって若干変動します。
※寸法はコンベヤ投入式のものです。
※ST-5は缶類、PETボトル用です。
WORKS
実績
直接投入式破袋機(SP-6型)
処理物:缶・びん・PETボトル
処理量:50㎥/h

コンベヤ投入式破集袋機(SP-6S型)
処理物:容器包装プラスチック
処理量60㎥/h(1基あたり)

高性能除袋装置(とりじょうず)
PROCESSING OBJECT
処理対象物
プラスチック類瓶類缶類PETボトルその他
FEATURE
特徴
過酷な除袋作業の強い味方!!
● 既設手選別コンベヤへ設置可能
● 機械式のため性能が安定
● 容リプラの選別にも効果を発揮


SPECIFICATION
仕様
形式 KJ-6 KJ-10
外観
外形寸法 W×L×H 1350×2400×2180 1800×4480×3000
処理能力(常用最大) 最大60㎥時搬送物中の大型袋片 最大100㎥時搬送物中の大型袋片
主要電動機容量 1.5kW 3.7kW
機械重量 約1600kg 約3000kg
対象選別コンベヤ W600〜800mm程度 W800〜1200mm程度

自動空缶プレス機(一方締プレス機)
PROCESSING OBJECT
処理対象物
缶類
飲料缶・1~4ℓの小型缶・18ℓ(1斗缶)等
FEATURE
特徴
各種の空き缶を効率よく連続圧縮成型
連続供給より短時間で大量処理できます。
わずかな人員で処理が可能です。
1.圧縮室摺動面に耐磨耗鋼を使用
耐久性が高くライナー類のオーバーホール交換サイクルが長いです。
2.溶接構造で強度に優れています。
3.低騒音・低振動です。

SPECIFICATION
仕様
仕様\機種 CP1-32 CP1-65 CPI-82 CP1-103
圧縮力 32ton 65ton 82ton 103ton
外形寸法/mm W800×L3500×H1400 W900×L4300×H1700 W1100×L4700×H1900 W1200×L5300×H2400
ボックス寸法(mm) 400×400×1000 500×500×1300 600×550×1400 650×600×1550
成型品寸法(mm) 400×400×L(空缶量) 500×500×L(空缶量) 600×550×L(空缶量) 650×600×L(空缶量)
動力源 3相 5.5kW×4P 3相 7.5kW×4P 3相 15kW×4P 3相 22kW×4P
サイクルタイム 約75秒/60Hz 約105秒/60Hz 約85秒/60Hz 約95秒/60Hz
処理能力 約0.5t/h(鉄缶) 約0.6t/h(鉄缶) 約0.95t/h(鉄缶) 約1.1t/h(鉄缶)
操作方法 押し釦操作による単動及び自動・光電管による連続自動
機械重量 約3000kg 約5000kg 約7000kg 約8500kg

※処理量に応じて電動機変更等特殊対応も致します。
※選別ライン等の組合せも可能です。
WORKS
実績
型式:CP1-103(左)、CP1-82A(右)
オプション:計量装置

型式:CP1-180

型式:CP1-32(2基)
オプション:搬送コンベヤ、磁選機、アルミセパレータ

手動空缶プレス機(カンペコプレス)
PROCESSING OBJECT
処理対象物
缶類
FEATURE
特徴
簡単で非常に効率的!
●ジュース・ビール・コーヒーなどの飲料缶から18邃投ハでの各種空き缶を効率よく圧縮処理します。(圧縮比約1/8)

●缶と缶がからみあってブロック状になりますので、積み重ね・持ち運びが容易で、資源回収の効率を高め、
 資源(アルミ・鉄)として高く売る事が出来ます。

●頑丈シンプルな構造で寿命が長く、故障も有りません。

●操作は簡単で、しかも安全で誰にでも運転が出来ます。

誰にでもできるカンタンな操作・安全メカニズム


1.空き缶を投入します。 2.投入シュートを締めます。 3.操作ボタンを押します。 4.ブロックを取り出します。

SPECIFICATION
仕様
仕様\機種 CP-7N3 CP-17N3 CP-35N3
圧縮力 7ton 17ton 35ton
外形寸法/mm W450×D500×H1594 W726×D595×H2025 W1210×D805×H2491
ボックス寸法(mm) 260×260×470(有効) 500×300×600(有効) 650×420×730(有効)
投入口寸法(mm) 260×200 510×245 650×270
成型品寸法(mm) 260×260×50~60 500×300×80~90 650×420×100~150
電源 AC200V 2.2kW AC200V 3.7kW AC200V 7.5kW
サイクルタイム 約33秒(60Hz時) 約55秒(60Hz時) 約78秒(60Hz時)
処理能力 約130kg/h(ジュース缶約3200個) 約260kg/h(ジュース缶約6600個) 約400kg/h(ジュース缶約11500個)
機械重量 約325kg 約700kg 約1300kg
操作方法 タイマー設定により1サイクル自動運転可能
処理対象物 飲料缶~18ℓまでの空き缶 飲料缶~20ℓまでの空き缶 飲料缶~20ℓまでの空き缶

※処理能力は250ml缶(スチール缶)処理時の能力です。
●オプション 選別回収コンベヤ コンベヤ先端のマグネットにより鉄缶とアルミ缶を選別します。
WORKS
実績
型式:CP-17N3型
工場から排出される18ℓを4缶同時に圧縮成型処理しています。

2020年3月19日  | 各種コンベヤ
各種コンベヤ
機種:ベルト張りチェーンコンベヤ
平ベルト、サン付、中寄せ等の各種コンベヤに対応を致します。

仕様\機種 手選別ターンテーブル TT-470
処理物 カレット、残渣
外形寸(mm) W×L×H 4700×4700×1386
テーブル動力 1.5kw×4P
アーム動力 0.2kw×4P
自重 4.6ton
電源電圧 220V×60Hz
コンベヤ幅 有効幅600mm

PET穴開け装置
別途、お問い合わせください。

2020年3月19日  | 簡易風力選別機
簡易風力選別機
PROCESSING OBJECT
処理対象物
プラスチック類その他
FEATURE
特徴
かさばる容器包装プラスチックを
風力で “軽量系” と “重量系” に分別し
選別効率UPと人員削減に貢献します。
● 特殊ノズル採用により、少ない風量で分離させます。
(当初従来機比1/3)
● 薄型設計ですので、高さを抑えたプラント設計が可能です。
● 分岐部に稼働床を設けることにより、引掛りや堆積がありません。
● 最大能力200m 3/h と大量の選別処理が可能です。

SPECIFICATION
仕様
種別 KF 落下分離型

仕様/機種 KF-15 KF-20
外形寸法 W1294×H1304×L3080mm W1883×H1510×L3070mm
FAN動力 3.5kW×2基 8.6kW×2基
補助コンベヤ動力 0.09kW×1基 0.75kW×1基
処理能力 最大150㎥/h 最大200㎥/h
風量 最大34㎥/min 最大56㎥/min
機械重量 約1000kg 約1500kg
構造

2020年3月19日  | ベール開梱機(KK-10 KK-6)
ベール開梱機(KK-10 KK-6)
PROCESSING OBJECT
処理対象物
プラスチック類PETボトルその他
FEATURE
特徴
1、低電力で効率の良い開梱を実現!
2、一軸揺動開梱により効率の良い適量切出しを実現!
3、当社の開梱機は一軸揺動式で軸への巻きつき固着がありません!
4、あらゆる場所に設置可能!
5、シンプルで消耗品も少ない!

SPECIFICATION
仕様
仕様\機種 KK-6 KK-10
対応梱包物寸法 600mmのPET圧縮物 1000mmのプラ、PET圧縮物
外形寸法/mm W×D×H 2100×2500×3400 3950×3200×4435
主要電動機容量 5.5kW 7.5kW・11kW
処理能力※ MAX 約1~2t/h MAX 約3~4t/h
機械重量 約3,000kg 約5,000kg
オプション ①排出コンベヤ ②投入コンベヤ ①排出コンベヤ ②投入コンベヤ

※梱包重量により変動があります。
WORKS
実績
機種:KK-6
処理物:PETボトル

機種:KK-10
処理物:容器包装プラスチック

機種:KK-10+投入コンベヤ
処理物:容器包装プラスチック

小袋用破袋機(やぶりじょうず)
PROCESSING OBJECT
処理対象物
プラスチック類
FEATURE
特徴
1.コンビニ袋以下の袋を一軸揺式破袋により完全破袋します。
2.省スペースに設置可能。
3.レンタルなので、常にベストな状態でご使用頂けます。
この度小袋(コンビニ・スーパー等から排出される10ℓ袋―ジュース缶 約10缶が入る)を専門に破袋する小袋用破袋機を開発し、特定事業者(財団法人 日本容器リサイクル協会に登録された民間リサイクル業者)・自治体のリサイクルプラザ・再商品化事業者に対し、レンタル限定販売(6ヶ月以上の契約)を開始しました。
 
 ごみの減量化促進には家庭から排出されるごみの約60%を占める容器包装廃棄物を3R(リュース・リデュース・リサイクル)することが重要です。
 
 ビニール袋に入れて排出されるプラスチック製容器包装(容リプラ)は破袋して、異物(金属・ガラス等)を手選別し、除去しなければなりません。従来の破袋機・破集袋機では小袋の破袋が不充分であり人手に頼っておりました。小袋の手破袋作業は、中に金属・ガラスの破片等が混入していることもあり、危険な作業とされておりました。危険な手破袋作業からの開放こそ当社の使命と考え開発したのが簡易型の小袋用破袋機『やぶりじょうず』です。
 
 当社は平成8年 破集袋機を開発以来 約250台を納入しており、既存のユーザーのリサイクルラインへの設置をはじめ 他メーカーが納入したラインにも簡単に設置できます。レンタル販売により顧客への定期的訪問が可能になり、きめ細かいサービスが可能となりました。

SPECIFICATION
仕様
機種 MH-3 外形寸法/mm W1000×L800×H1000
電源 AC200V/220V 電動機容量 0.75kW×4P
処理能力(常用最大) 小袋500袋/h 機械重量 約100kg

 

月産 50台 価格 34,800円/月
※レンタル限定※消費税別途
(取付架台・運賃・据付調整は別途)

WORKS
実績
設置状況

使用状況

2020年3月18日  | 小型破袋機(KH-1)
小型破袋機(KH-1)
PROCESSING OBJECT
処理対象物
プラスチック類瓶類缶類
FEATURE
特徴
小型設計!
高破袋率!
低ランニング!
レンタルも可能!
手で袋を破いていませんか?
処理量が少なくても危険な作業であることには変わりはありません。そんな危険で負荷のかかる作業を世の中から無くすために、このたび、小型破袋機を開発しました。


SPECIFICATION
仕様
型式 KH-1 動力源 3相AC200V 2.2KW(INV3.7KW)
対象物 容器包装プラスチック類
缶・びん・ペットボトル類
処理量 最大0.2t/㎥(10㎥/H)
(見掛比重:0.02t/㎥時)
外形寸法 約W1755×D1015×H850mm 機械重量 約700kg

2018年3月18日  | 破袋機(パックオープナー)
破袋機(パックオープナー)
PROCESSING OBJECT
処理対象物
紙類プラスチック類瓶類可燃物不燃物缶類PETボトル
FEATURE
特徴
困難で危険な破袋作業を業界初の一軸揺動式破袋機により、危険な破袋作業からの開放と処理効率を実現します。
1.一軸揺動式破袋により
  圧倒的な破袋率を実現!
当社の破袋機は1軸揺動式で軸への巻き付き固着は一切ありません。
回転刃物が正転・逆転の揺動角を2パターン交互に繰り返すことにより効率の良い破袋と巻き付きを防止しています。
2.あらゆる場所に設置可能!
3.シンプルで故障もありません!


MOVIE
動画

SPECIFICATION
仕様
仕様\機種 HTP-3 HTP-6 HTP-10 HTP-15 HTP-20 HTP-25
外形寸法/mm
W×L×H
ホッパー付 2100×2550×3400 2100×2500×3400 2100×2825×3300 2250×3400×3400 2250×4210×3400 2250×5060×3400
フランジ 1775×2250×915 1775×2215×915 1775×2600×915 1775×3180×915 1775×4220×915 1555×5060×937
ダンパー 2290×2650×3600 2290×2600×3600 2290×2780×3600 2290×3315×3600 2290×4310×3600 2660×4930×3700
主要電動機容量 3.7kW 5.5kW 7.5kW 11kW 7.5kW×2基 11kW×2基
処理能力
(常用最大)
20㎥/h 50㎥/h 80㎥/h 120㎥/h 160㎥/h 200㎥/h
機械重量 ホッパー付 約3000kg 約3000kg 約3500kg 約4000kg 約5500kg 約6000kg
フランジ 約2000kg 約2000kg 約2500kg 約3000kg 約4500kg 約5000kg
ダンパー 約4500kg 約4500kg 約5500kg 約6000kg 約6500kg 約7500kg

※上記外形寸法は大容量ホッパー付きとなります。
※上記標準機以外にもご相談下さい。
WORKS
実績
機種:HTP-6
処理物:缶、びん、PET
処理量:常用最大40㎥/h

機種:HTP-15
処理物:容器包装プラスチック
処理量:常用最大60㎥/h

機種:HTP-20
処理物:容器包装プラスチック
処理量:常用最大160㎥/h