フィッシュ・シュリンプカウンター

ベンチャービジネスコンペ大阪’97計測技術開発賞を受賞!

養殖種苗された稚魚を数える製品です。
フイッシュカウンターは養殖種苗の数量をわが国
で初めて画像処理技術により自動的に計数。
作業の省力化や合理化に大きく貢献します。

1.CCDラインセンサーカメラを駆使した日本初の画像処理による稚魚計数機です。

2.毎分500尾の高速な計測能力を備え、誤差精度は-3%以内です。

3.高耐久素材を用い、塩害を防止しています。

4.シリーズが豊富でお客様のニーズにお応えします。

◆フイッシュカウンターシリーズ

仕様\機種 トユ式カウンター コンベヤ式カウンター シュリンプカウンター
特徴 比較的大きな魚種のカウントが水を流しながら可能です。 カウンター前にコンベヤを取付ることにより選別精度はシリーズ1です。 透明度の高い小さな魚種も水を流しながらカウント出来ます。
 
対象魚種 マダイ及び類似魚※1 マダイ及び類似魚※1 エビ、小魚※1
対象物長さ 50~200mm 50~100mm 5~30mm
計測能力※2 500尾/分 500尾/分 4000尾/分
計測精度 -5%以内 -3%以内 -5%以内
外形寸法 W500×D350×H1000mm W950×D520×H1360mm W1020×D460×H810mm
機器重量 約40kg 約120kg 約30kg
電源 AC100V AC100V AC100V

※現地での設置システムなど、お客様のニーズに応じ対応します。
※1 魚種については、ご相談下さい。
※2 魚種のサイズと流し方により異なります。